ネイリストになるための基礎知識

ネイリストになるための基礎知識

指先を美しくデザインするネイリストに憧れる女性も多いのではないでしょうか。ではネイリストになるためにはどのようなステップを踏めばいいのでしょうか。

ネイリストとは

まずは、ネイリストという仕事についてご紹介いたします。ネイリストの仕事というと華やかな仕事と思われることも多いのですが、それだけではありません。ネイリストとは爪の健康にも気を配り、爪を美しくするネイルケアのアドバイスもしながらお客様に合ったカラーやデコレーションをして魅力的な爪を作り上げるのが仕事です。

ネイルの知識を学ぶ

ネイリストは国家資格ではありませんが、お金を払って体の一部に施術をお願いすることになるため、やはり一定の知識や技術は必要といえます。そこで資格に代わるネイリスト検定というものがあり、自分のレベルに応じて受験することが出来ます。そのレベルがネイリストとしての評価の基準にもなるためお客様に満足いただけるようなネイルに仕上げるためにも、まずはスクールなどに通い、しっかりと基礎から学ぶことをおすすめします。

ネイリスト検定について

最も有名なのが、日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が主催するネイリスト技能検定試験です。試験は1級を最高とし、1級、2級、3級の段階に分かれています。1級はトップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術と知識があり、2級はサロンワークで通用する技術レベル、3級は初級レベルでネイルケアの手順が正しく行えることが合格の基準となります。

ネイリストの夢を叶えるなら、ネイルアーティスト学院で学びませんか。ネイルアーティスト学院は、松山市などをはじめとする四国愛媛県にて圧倒的な知名度を誇っており、JNA認定講師が直接指導いたしますので安心して学ぶことが出来ます。

研修制度も整っているため生きた本物のサロンワークを身につけることが出来ます。また、サロン開業サポートも万全ですので資格取得後の独立も可能です。お気軽にお問い合わせください。

人生が輝くネイルアーティスト 選ぶならネイルアーティスト学院
トップへ戻る