ネイル検定試験の概要

ネイル検定試験の概要

JNAネイリスト技能検定試験の3級・2級・1級の概要を説明します。

JNAネイリスト技能検定試験3級

JNAネイリスト技能検定試験3級は、基礎的な知識と技能を判断する初心者向けの試験です。
JNA発行の教科書を活用した知識の勉強と、実技試験の練習を重ねていればより確実に合格への道が開けます。

実技試験ではネイルケアカラーリングが行われますが、採点項目としてテーブルセッティングと消毒管理・モデルの爪の状態・ポリッシュオフ・ファイルエメリーボードの使い方・ラウンド(仕上がり)・クリーンナップ工程・クリーンナップ仕上がり・カラー表面の色ムラ・カラーラインどり・ネイルアート・全体の仕上がりとマナーに注目した審査が行われます。

JNAネイリスト技能検定試験2級

JNAネイリスト技能検定試験2級は、サロンレベルの実力を判断する試験で、中級者向けという位置付けです。2級以上の資格があれば就職に有利であるということもあり、ネイリストとして働くには最高のPRになります。実技試験では特に、ネイルケア・チップ&ラップ・カラーリング・ネイルアートに注目した審査が行われます。2級からは仕上がりの美しさはもちろんのこと、スピード感やリズム感、各工程での手際の良さも求められます。チップ・ラップの手順やリペアの技術、またプロとしての接客知識も試されます。

JNAネイリスト技能検定試験1級

JNAネイリスト技能検定試験1級は、トップレベルのネイリストに必要とされる知識と技能を判断する試験で、難関とも言えます。JNA 1級の試験に合格すると、世界でも通用するネイリストとして認められたことになります。1級ではネイルケアの試験は免除されますが、ネイルイクステンションは非常に高い技術力が求められ、ネイルアートも行われます。ネイルテクニック全般と材料の特性や化粧品の定義、スカルプチュアネイルの技術など、複雑な出題に対しても適切に対応できる応用力に注目して判断されます。

JNAジェルネイル技能検定

ジェルネイル技能検定試験は、NPO法人日本ネイリスト協会が健全なジェルネイルの普及を目的に開催する検定試験です。ジェルネイルに必要な理論と技術を、実技・筆記試験で審査します。初級・中級・上級の三段階に分かれています。

  • 初級
    ジェルネイルを施術するために必要な基礎的知識と技術の修得
  • 中級
    ジェルネイルを施術するためにプロとしてサロンワークに必要な専門的知識と技術の修得
  • 上級
    ジェルネイルのスペシャリストとして必要とされる総合的知識と技術の修得

参考サイト : NPO法人 日本ネイリスト協会

愛媛県松山市にあるネイルアーティスト学院は、ネイリスト検定資格取得専門校です。
高知・香川・徳島にてネイルを学び資格取得を目指すスクールをお探しの方は、ネイルアーティスト学院までお問い合わせください。

人生が輝くネイルアーティスト 選ぶならネイルアーティスト学院
トップへ戻る