ネイルの種類

ネイルの種類

今では、おしゃれの1つとしてネイルを楽しんでいる方が多くいらっしゃいます。そんなネイルには、様々な種類があります。こちらでは、違いや特徴をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

マニキュア(ポリッシュ)

昔は、爪に塗るものは全てマニキュアでしたが、ネイルの種類が増えてきた今となっては、自然乾燥させるものをマニキュア(ポリッシュ)と言います。また、ネイルサロンなどでは、カラーリングとも表記されています。マニキュア(ポリッシュ)は比較的安価で手に入れることが出来るため、セルフネイルで利用している方も多いと思いますが、持ちは長くて1週間となっているので、休日やイベントの時だけ楽しみたいという方におすすめです。

ジェル

ジェルは今一番人気で、定番になりつつあるものです。今までのマニキュアと何が違うのかというと、素材・成分です。ジェルは、粘度の高いものとなっており、自然乾燥ではなく専用のライトを使用して硬化させる必要があります。このライトからは紫外線が出ており、それに反応して固まる仕組みになっています。ジェルの特徴としては、持ちがとても長いことです。約3週間から4週間は持ち、ジェル独特の艶はとても美しいものになります。

スカルプチュア

スカルプの特徴は、自分の爪を延長するように自由自在に長さ・形を決めることが出来ることです。爪が短い方や形が気になるという方に最適です。自分の爪にしっかりとフィットしますし、硬さもしっかりとあるので折れる心配はありません。持ちは約2週間から3週間となっているので、長期間楽しむことが出来るでしょう。

チップ

これは、いわゆる付け爪です。あらかじめデザイン、アートが施された爪の形のチップを自分の爪の上に装着することで、手軽にネイルを楽しむことが出来ます。両面テープを使用するものや、のりを使用するものがあり、それぞれメリット・デメリットがあるので、しっかりと把握して、自分に合ったタイプを選びましょう。チップは基本使い捨てとなっているので、様々なデザインのネイルを楽しむことが出来ます。

愛媛県松山市にあるネイルアーティスト学院では、検定1級取得コースやネイリストベーシックコース、プチネイリストコースなど学習スタイルを選ぶことが出来ます。JNA認定講師が直接指導を行い、万全の検定対策で合格へと導きます。高知・香川・徳島でネイル検定を受けたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

人生が輝くネイルアーティスト 選ぶならネイルアーティスト学院
トップへ戻る